« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

ぶち切れセブンス

気がつけば4月も後半。

まじですか?

色々とイベントもありアップしょう、アップしょうと思いながらも日が過ぎて。

もうえっかと思いながらも、やっぱり毎年恒例セブンスレポートはしとかんと。

セブンスに通い始めて気いついたらもう15年以上。

正直なところ一時のような行ったるでぇテンションはおさまり、

どっちか言うたら今年なんてかなりのローキー。

もうコスプレもええかとまで言うてたんやけど、その下がったテンションが

一気にあがるというか正しくは脳天ぶちきれるようなハプニングで

スタートした今年のセブンス。

事件は一日目の土曜日。

なんせセブンスの土曜日は熱いのである。

かなり早朝から人が詰めかけての席取り合戦。

スタジアムから徒歩圏のわたしは毎年席とり部隊なんであるが

いつもはとった席にそのままちゃんと座ってるんやけど、

今年は日本の国旗やら何やらでびしっと席とりをした後いっぺん帰宅。

これで安心と思いきや、わたしが戻る前にスタジアムに到着したK子ちゃんからメッセージ。

なんと横取りされてるとのこと。

なんですとっ?

それもその席はとってるしと言うても、誰も座ってないのに何でどかなあかんのと全く動く様子もないとのこと。

他にも空いてる席も、席取りはしてあるけど誰も座ってない椅子もあるから、じゃあ、あっちにしたら、誰も座ってないやんと言うても、やっぱりてこでも動く気配がないとのこと。

なんですと、なんですとっ??

完全に喧嘩をうってきてる女子3人、男子3人の外人若者グループ。

それでも男子3人はしばらくして、動いてくれたらしいけど、女子3人はやっぱり頑として動かず、しかも通りかかる人に男子3人がどいて空いた席を指差して

ここ空いてるよと言う始末。

なんですと!なんですと!なんですとおおおおっ!

もうこれはケガニちゃんパワーで強制撤去しかないっと意気込んだもんの

スタジアムに向かう道すがら、なんせ切れやすいケガニちゃん。

折角のセブンス、暴力沙汰なんかにでもなったらえらいことやと

「穏便にね、ね。絶対暴力的なこととか、せんといて、ね、ね?」

とケガニちゃんを諭す大人なわたし。

…やったんやけどさ、なんと席につくなり五秒で切れたのは何をかくそうわたくし。

だってな、日の丸国旗、くしゃくしゃにしてその上に座ってんねんで、その小娘たち。

穏便どころか気いついたら、おまえら、どけーっの声と共に

小娘にとびかかり、ビールをかけられるにのにもひるまんと、つかみ合いの乱闘。

K子ちゃんはじめ、私の友達は椅子の上に立ち上がって小娘と

揉み合いになってるわたしが転げ落ちんようにと後ろからわたしを支え、

完全に目が点のケガニちゃんに間に入って止められたという。

いやはや、今になってみれば何たる醜態。

おかしいなー。人一倍温和なはずのわたくしなのに。

けどそんなハプニングのあとK子ちゃんたちにしみじみと言われましたのよ。

「今までケガニちゃんの相手を努められるんは銀ままんだけやと思うてたけど、銀ままんの相手を努められるんもケガニちゃんだけかも」

ってさ。

まあ確かにそうかもね。

乱闘後、さすがにケガニちゃんからお叱りを受けるかと思うたけど

「さすがわが妻、ようやった」

ってほめられたがな。

って、あかん、あかん。人生、角立てたら。

何事も丸う生きていかんとねと反省。

そんなエキサイティングな幕開けやったけど、やっぱりセブンスはたのしー♪

( え?反省の色なし?)

P3286193_2

日曜日にはコガニちゃんも

P3296239_copy

ココガニちゃんもセブンスデビュー。

Dscn1983_copy

セブンス名物、イケメンウォッチと 

Dscn1986

( この彼の場合はイケボディとも言う? )

花火にうっとり。

P3296249

今年の日本チームは一勝しかできずちょっと残念な結果やったけど

それでも元気と感動をありがとう。

(こちら優勝チームのフィジー)

P3296268

ラグビーセブンス、また来年!

P3296270

ここで一句: 気をつけよう ぶち切れ五秒 恥一生




| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

胸いっぱい千秋楽

さくら色の手土産持って

P4016365

行ってまいりました、舞台さくら色オカンの嫁入りの千秋楽!

Okayome2015_copy

再々公演ということで、拝見するんはこれでもう4度目とかになりますが

いやー、何べん観せてもうても感無量。

自分のお話しを舞台でみるのってどんな感じってよう訊かれたりするけんど、

そんなんもうね、別もんよ、別もん。

わたしの拙いお話を、ようまあこんな素晴らしい舞台にしてくれはったなあって、感激うるうる胸いっぱい状態。

舞台を観ててもその状態やのに、楽屋にお邪魔したらさらに胸いっぱい。

ハチ役の溝口琢矢さん!

P3236129_copy

顔ちっちゃー! かわいいいいいい!!

荘田由紀さん!

P3236135

超別嬪さーん!!

もう鉄板捨て男の佐藤アツヒロさんもスターのオーラがキラキラやったし、

今回オカンをしてくれはった熊谷真実さんのこれまたまあ、別嬪さんというか、かいらしさに目がハートlovely

みなさん千秋楽の後のお疲れのとこやのにミーハー咲乃のサインやら

写真撮影にニコニコと応じてくれはり、ほんま、惚れてまうやろ!wwww

え?

誰かを忘れていませんかって?

いまや、オカ嫁の舞台にはかかせないこのお方。

正司花江師匠!

P3236134

お人柄が滲み出るこの福々しい笑顔! 

こんな風に歳を重ねていきたいもんであるよ。

絵文字入りのメールをくれはったりするチャーミングな花江師匠からは

今回もしっかりオカ嫁昆布(?)をいただいてしまいましたの。

P4016366

ありがたやー。

いやね、正直なとこ、ものを書くということ、もうやめてしまおかしらんと

そんなことをうじうじと思うことも多いここ最近やったけど

素晴らしい舞台からパワーをいっぱいいただいて、やっぱりがんばらんとって

思いましたん。 

胸いっぱいの千秋楽のあとは

蛍イカやら

P3236141

すっぽん鍋やら

P3246149

とれとれピチピチやら

P3246156

絶品スイーツやらの

P3246163

ウマウマ三昧で、たった3日のお江戸滞在で3キロも増量したのは

ここだけのお話し。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »